声なびシネマわかば

トップページ 代表あいさつ サイトマップ お問い合わせ

声なびシネマわかば とは

視覚障がい者も映画を見ていることをご存知ですか。

目が見えなくても、見えにくくても、映画に「音声ガイド」があれば、映画が楽しめます。
「声なびシネマわかば」は、視覚障害者の“みんなで一緒に 映画を楽しみたいという願い”に 応え、映画にライブ音声ガイドを付けて鑑賞するボランティアグループです。

ライブ音声ガイドボランティアを養成し、ユナイテッド・シネマわかば等で「ライブ音声ガイド付き映画」を鑑賞したい! と、映画好きの仲間が集まって「声なびシネマわかば」はスタートしました。

イラスト若葉次回の鑑賞会のお知らせ(その1)

ライブ音声ガイドと字幕付き鑑賞会

『学ぶ』

あらすじ
 映画の舞台は東京都千代田区立神田一橋中学校通信教育課程。毎月2回の休日、戦後、中学校で義務教育を受けられなかった高齢の生徒たちが、面接授業に通ってくる。
60年ぶりの学校生活にとまどいながらも、学ぶ喜びにみちた表情の生徒たち。人生の終盤を迎えてなお、人はなぜ学ぼうとするのか。
前作『月あかりの下で ある定時制高校の記憶』で高い評価を得た太田直子監督が、その意味を探して5年の歳月を追ったドキュメンタリー。
(撮影・監督・語り 太田直子、製作著作 グループ現代 2016年・92分)  
日時
9月17日 日曜日
開場13時30分
開演14時〜15時30分
その後監督の挨拶
場所
川越東部地区ふれあいセンター (JR南古谷駅から徒歩6分)
集合場所
川越駅JR窓口手前
集合時間
12時50分(13時10分の電車に載ります。)
鑑賞料
1,000円(当日券は1200円)
音声ガイドの方式
オープン方式(ラジオ不要)
申し込み締め切り
7月27日(木曜日)
申し込み先
以下の必要事項(1〜2)をご記入のうえ、件名を「『学ぶ』申込み」と明記し、メール受付窓口までメール送信してください。
メール受付窓口
  1. 氏名、当日連絡可能な電話番号、お住まいの市区町名
  2. 誘導の希望
主催
おやこ映画会すきっぷ 『まなぶ』上映会実行委員会
共催
特定非営利活動法人高齢社会をよくする会in川越
後援
川越市教育委員会
協力
いきいき倶楽部、声なびシネマわかば

イラスト若葉次回の鑑賞会のお知らせ(その2)

第30回鶴ヶ島図書館まつりバリアフリー映画会

上映作品『蝉しぐれ』

あらすじ
江戸時代末期、東北の海坂藩。15歳の牧文四郎は剣術と学問に励む日々を送り、隣家の娘ふくに淡い恋心を抱いていた。
ある日、文四郎の父が謀反の罪に問われると、文四郎とふくは、心ならずも離れ離れになってしまう。
原作:藤沢周平「蝉しぐれ」
監督:黒土三男
出演:市川染五郎 木村佳乃 ほか
 
日時
9月24日(日曜日)
13時開場
13時30分上映開始
場所
鶴ヶ島市立中央図書館(鶴ヶ島市高倉1247−1)
集合場所
東武東上線若葉駅改札を出た所(改札口は1ヵ所)
集合時間
12時20分(鶴バス東西線 12時30分に乗車します)
鑑賞料
無料
音声ガイドの方式
オープン方式(ラジオ不要)
申し込み締め切り
9月20日(水曜日)
申し込み先
以下の必要事項(1〜2)をご記入のうえ、件名を「『蝉しぐれ』申込み」と明記し、メール受付窓口までメール送信してください。
メール受付窓口
  1. 氏名、当日連絡可能な電話番号、お住まいの市区町名
  2. 誘導の希望
★問い合わせ 鶴ヶ島市立中央図書館 049-271-3001
協力/声なびシネマわかば・社会福祉法人 鶴ヶ島市社会福祉協議会
映写機
©Koenabi